〈COLUMN〉「いいものを編む会社 」気仙沼ニッティングの糸づくり

気仙沼ニッティングさんは、宮城県気仙沼市を拠点に手編みのセーターやカーディガンなどを作る、「いいものを編む会社」です。

気仙沼にお住まいの編み手の方々が一着一着丁寧に編み上げ、お客さまへとお届けしています。


その手編みのセーター、カーディガンに使っているオリジナル毛糸を

気仙沼ニッティングさんとAVRILが一緒に作りました。

オーダーメイドのカーディガン「MM01」や、

プレタポルテのセーター「エチュード」は、このオリジナル毛糸で作られています。

ファーストモデル “MM01” 写真 操上和美


セカンドモデル “エチュード” 写真 操上和美


デザインは、編み物作家 三國万里子さん。



糸づくりのはじまりは2012年のこと。

「こんなセーターを作れる、理想の糸を作りたいです。」と1枚のセーターを持って来てくださいました。

それは本場アイルランドの、きりっとアラン模様が浮き立った、フィッシャーマンズセーター。

気仙沼ニッティングさんが理想とする毛糸は、以下のようなものでした。

・アラン模様が浮き立つ糸で、かつ、ごわごわしない肌触りがやわらかい糸

・毛玉が出来にくい糸

・長年着続けることができる糸

相談された時は、そんな理想的な糸が作れるだろうか、と思いました。

アラン模様は撚りがきつい糸だからこそ、きりっと模様が浮き立ちます。

ただ、本場アイルランドのアラン用の糸は撚りがきつく、私たち日本人には少しごわごわしたハードな糸に感じます。

かといって肌触りのやわらかいソフトな糸、となると、毛玉が出来やすかったり、模様がきりっと浮き立たなかったり・・・・。

理想の糸を作るために、羊の毛の種類や配合を決めるところから、紡績、撚糸、染色と、ひとつひとつ試行錯誤しながら一緒に糸を作りました。


AVRIL創業者・福井雅巳は「気仙沼ニッティングプロジェクト」の熱意に心を動かされ、またこのプロジェクトに携わる中で、こんな思いがありました。

・着る人も、作る人も、「こころ」が満たされるものを作りたい

・羊毛から1着のセーターが出来るまでの成り立ちをたくさんの人に見てもらえる機会を作りたい

そんな思いがあったらこそ出来た糸でもあります。

気仙沼ニッティングさんの理想の糸が出来るまでのお話を、詳しく記事にしてくださっています。

こちらでお読みいただけます。


カーディガンのために糸づくりから始めるという贅沢。

「いいものを編む会社」の糸づくりに携われたことが、AVRILにとっても誇りです。


気仙沼ニッティング - オリジナルの毛糸ができるまで

「理想のアランカーディガンをつくるには、  それにふさわしい、理想の毛糸が必要」気仙沼ニッティングは、 オリジナルの毛糸をつくるところからはじめました。どの羊の毛を使うのか? どんな配分で混ぜるのか? どれくらいの撚り(より)を入れるのか?ひとつひとつ試行錯誤しながら開発を進めることで、 限りなく理想に近い毛糸をつくることができました。今年お届けするセーターは、数がとても限られています。 その限られた数のセーターのために 一から糸を開発するというのは、 ずいぶんと贅沢で、遠回りのようでもあります。それでも、糸を作るところから始めたいと思ったのは、 アラン諸島に行ったことがきっかけでした。今年の6月、 私たちはフィッシャーマンズ・セーターの本場、 アイルランドのアラン諸島に行きました。その旅のあいだに、 ひとめ惚れをしてしまうようなセーターにも 巡り会うことができました。 シンプルなのに、しっかりとした表情があります。 陽の光を浴びて、その陰影できりっと柄が浮き出るような、 ハンサムな白いセーターでした。「アラン模様は、立体で表現されるんだ」そう気づかせてくれるセーターでもありました。どうしたらこんなセーターが編めるのでしょう。探っていくと、そもそもアラン島のセーターは、 日本のものとは糸が違うことがわかりました。アラン島のセーターは、 かっちりと、撚りのきつい糸で編まれています。 そんな糸で編まれたセーターは、 アラン島の強い風から身を守るように固く密です。 固く密な毛糸が、 このキリっとした模様をつくりだします。 ただ、そんなアラン島のセーターは、 私たち日本人には すこしばかりごわごわしているようにも感じられます。一方で、日本で使われる毛糸は

www.knitting.co.jp

AVRIL 25th Anniversary Special Site

AVRIL25周年イベントや、最新情報をこのサイトから発信します。

0コメント

  • 1000 / 1000